買取漫才 | 驚きの高価買取

MENU

HOME > 入金時間反映・振込手数料

入金時間反映・振込手数料

銀行名手数料着金時間
GMOあおぞらネット銀行無料24時間
楽天銀行無料24時間
auじぶん銀行無料24時間
往信SBIネット銀行無料24時間
三菱UFJ銀行無料24時間
三井住友銀行無料24時間
ゆうちょ銀行100円24時間
PayPay銀行
旧 ジャパンネット銀行
129円24時間
その他の銀行
みずほ銀行 / 信用金庫 / 農業協同組合
129円24時間※1

※2018年10月9日 24時間着金対応の「モアタイムシステム」を導入している銀行に限ります。
モアタイムに加入している金融機関の場合でも当日に着金しない時間帯などもあります。詳細に関してはご利用されている金融機関にお問い合わせ下さい。

※各銀行の定例メンテナンスもしくは緊急メンテナンスなどで着金確認が出来ない場合もございます。ご利用される予定の銀行がメンテナンス中でないか必ずご確認下さい。

買取漫才の超オススメ銀行

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行は日本最大のメガバンクで、知名度や安心感だけではなくUFJの独自のサービスが魅力の銀行です。まず、口座開設した際は三菱UFJダイレクトとスーパー普通預金(メインバンクプラス)をご利用することをお勧め致します。スーパー普通預金は、通常の普通預金に手数料優遇プログラムが付帯している口座です。同時に、三菱UFJダイレクト(登録必須)を利用すると、同行宛振り込みは完全無料、他行宛振込も安い手数料でご利用できます。また、三菱UFJダイレクトを使っていればauじぶん銀行への振込も無料になるので、2つの口座間で気軽に資金移動ができるというメリットもあります。是非、この機会に口座開設をしてみてはいかがでしょうか。

往信SBIネット銀行

往信SBIネット銀行は入金反映時間が早く、住信SBIネット銀行同士での振込手数料は何回でも無料、他行宛振込手数料は最大月15回無料になるお得な銀行です。サービスやキャンペーンが充実した初心者におすすめのネット銀行で、ほとんどのお取引がアプリで完結でき、キャッシュカードが無くてもATMで入出金できます。店舗へ行く手間や時間が省け、入金もリアルタイムで確認できるのは大きな魅力の1つです。振込手数料は他行と比べても非常に安価で、さらに「スマートプログラム」と呼ばれる月ごとの商品・サービスの利用状況により自動的にランク(1~4まで)が判定されランクに応じてATM・振込の手数料無料回数が決まるサービスも提供されています。

全国銀行データ通信システムって何?

全国銀行データ通信システムとは、一般社団法人全国銀行資金決済ネットワークが運営している日本国内の金融機関相互の内国為替取引をコンピュータと通信回線を用いてオンライン処理を行えるようにした手形交換制度です。日本のほとんどの預金取扱金融機関が加盟、1営業日平均約675万件、約12.2兆円(年間約16.5億件、約2,993兆円)の取引が行われており、日本銀行金融ネットワークシステムや外国為替円決済システムと並ぶ日本の主要な決済システムとして知られています。以前まで全銀システムは平日8時半~15時半、夜間や土日祝日の振込・送金は翌営業日でしたが、インターネットの普及でオンラインショッピングが活発になったことを背景に2018年10月9日から365日24時間への稼働で再スタートしました。

モアタイムシステムって何?

モアタイムシステムとは銀行の稼働時間を24時間に拡大、平日の夜間や土日祝日でも銀行間での即時入金を実現、これまでの時間的な制限による不満を解消した新システムです。今まで、金融機関は平日の8時30分から15時30分まで取引可能で、以降の振り込みは翌営業日扱いとなっていました。一方で、電子商取引やスマートフォン決済の需要が高まり時間による制限の解除やリアルタイムでの入金反映が求められるようになりました。その問題をすべて解決したのがモアタイムです。ほとんどの大手金融機関はシステムを導入していますが、全金融機関が対応しているわけではないのでご自身が普段利用している金融機関は対応しているか確認しておきましょう。